【白猫】氷晶のルーンの必要数や周回効率と使い道の紹介

『白猫プロジェクト』で超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」で入手可能な氷晶のルーンの必要数と効率や使い道などを紹介します。


『白猫プロジェクト』では、超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」が2016年8月17日に開催されました。

超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」では限定石板の『ウェンディゴの石板』が入手できます。

『ウェンディゴの石板』の育成に氷晶のルーンが必要になります。

氷晶のルーンの必要数や使い道や効率など気になりますよね。


『白猫プロジェクト』で超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」で入手可能な氷晶のルーンの必要数と効率や使い道を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

目次

氷晶のルーンの必要数

氷晶のルーンの使い道

show30a氷晶のルーンの入手数と効率

show30aまとめ

 

氷晶のルーン必要数

『白猫プロジェクト』で超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」で入手可能な氷晶のルーン総数は以下のようになります。

 



・氷晶のルーン:300個

となります。

氷晶のルーン
300個

 

氷晶のルーンの使い道

『白猫プロジェクト』で超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」で入手可能な氷晶のルーンの使い道は以下のようになります。

イベント限定石板『ウェンディゴの石板』


イベント限定石板『ウェンディゴの石板』についての詳細は以下を参考にしていただけたらと思います。

石板の種類と必要ルーン数

 

イベント限定石板『ウェンディゴの石板』の育成必要ルーン数は

 

・氷晶のルーン:300個

となります。

氷晶のルーン
300個

 

以上で、超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」で入手可能な氷晶のルーンの使い道について紹介しました。

 

氷晶のルーン数の入手数と効率

超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」で入手可能な氷晶のルーンの効率は次のようになります。

 

氷晶のルーン
イベントクエスト
2個超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」
プロクラス①
2個超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」
プロクラス②
2個超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」
プロクラス③
10個超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」
プロクラス④
10個超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」
プロクラス⑤
10個超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」
プロクラス⑥
15個超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」
プロクラス⑦

です。


超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」プロクラス⑦が一番多く貰えます。
しかし、報酬が多い分、難易度も上がっており制約のHP回復効果無効/開始時SP0がきついのではないかと思います。

所持しているキャラクターと合わせてプロクラスの④から⑥を回るのが効率が良いのか、⑦を周回したほうが早いのか決めると良いと思います。

超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」で入手可能な氷晶のルーン入手数と効率について紹介しました。

 

まとめ

以上で

超高難易度塔イベント「アトランダムタワー2」で入手可能な氷晶のルーンの必要数と効率や使い道ついて紹介しました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ