【白猫】キリン(麒麟)種の攻略!弱点と適正キャラやバリア・倒し方の紹介

『白猫プロジェクト』でハンターハンターコラボから初登場したボス型モンスター、キリン種(麒麟)の攻略と倒し方、弱点、適正キャラクター等を紹介します。


『白猫プロジェクト』ではハンターハンターコラボが2016年6月開催されていますがソロイベント、協力バトルともにボス型モンスターキリン種(麒麟)が登場しました。

協力バトルのキリン種(麒麟)は皆で殲滅するので大したことはないかもしれませんがソロで登場するのに辺り、倒し方、弱点、適正キャラクターを知らないとなかなか困難では無いでしょうか。
また今後イベント、ストーリー共に登場する可能性は非常に高いと思います。

そこで『白猫プロジェクト』でハンターハンターコラボから初登場したボス型モンスター、キリン種(麒麟)の攻略と倒し方、弱点、適正キャラクターをまとめましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

キリン種(麒麟)の種類と弱点

ハンターハンターコラボから初登場したボス型モンスター、キリン種(麒麟)には今現在2種類存在しており、角獣キリンと霊獣キリンになります。角獣キリンと霊獣キリンはそれぞれ耐性、弱点が異なります。

 

角獣キリン

【白猫】角獣キリン

角獣キリンの耐性と弱点

職業別の耐性と倍率、弱点

属性剣士クロスセイバー双剣
斬属性
武闘家(拳)ウォーリア
打属性
ランサードラゴンライダー
突属性
魔道士
魔属性
本体
0.25倍
耐性
1倍

0.25倍
耐性
1倍

氷柱(バリア)
1倍

0.1倍
耐性
1倍

0.1倍
耐性

属性別の耐性と倍率、弱点

属性炎属性水属性雷属性
本体
無効無効0.5倍
氷柱(バリア)
無効無効無効

 

状態異常効果別の耐性と倍率、弱点

属性燃焼凍結感電スロウ暗闇気絶睡眠
本体
××××

 

 

霊獣キリン

 

霊獣キリンの耐性と弱点

職業別の耐性と倍率、弱点

属性剣士クロスセイバー双剣
斬属性
武闘家(拳)ウォーリア
打属性
ランサードラゴンライダー
突属性
魔道士
魔属性
本体
1倍

0.25倍
耐性
1倍

0.25倍
耐性
氷柱(バリア)
0.25倍
耐性
1倍

0.25倍
耐性
1倍

 

属性別の耐性と倍率、弱点

属性炎属性水属性雷属性
本体
無効

無効

1.5倍
弱点
氷柱(バリア)
無効

無効

無効

 

状態異常効果別の耐性と倍率、弱点

属性燃焼凍結感電スロウ暗闇気絶睡眠
本体
××××

 

キリン種(麒麟)の攻撃パターン

氷柱召還&バリア

キリン種の魔法陣から氷柱を4本召喚、自身はバリアを張る。氷柱に触れるだけでもダメージを食らうので注意。
キリン種に張られたバリアも氷柱を4本壊さない限り解除されない。

角なぎ払い



突進

氷柱召還&バリアを張った状態で突進。食らうダメージが一番大きい


氷柱投げ飛ばし

4本の氷柱を投げ飛ばして攻撃。飛ばされた氷柱はしばらく地面に突き刺さったままの状態に。と同時にバリアも解除されるのでこの時が攻撃の最大のチャンス。


怒りモード

HPが半分以下に減少すると怒りモードに突入。怒りモードになると氷柱の召喚やバリアを張らなくなるので一気に倒しやすくなる。


巨大氷塊落とし(デンジャラスアタック)

怒りモードの時のみ発動。
巨大な氷の塊を頭上に召喚して氷の塊がプレイヤー目掛けて落下。
赤く光るデンジャラスモード状態になりスキルを使用して回避することは出来ない。
また突進に次いで即死ダメージな点にも注意。

 

キリン種(麒麟)の攻略と倒し方

幻獣特攻スキルやキャラが有効。

感電効果の状態異常効果や暗闇の状態異常効果のスキルを持つキャラも有効。

氷柱と本体の属性耐性の違いからからそれぞれの職業のキャラが必要。

角獣キリンと霊獣キリンとの耐性との違いにも注意。

 

キリン種(麒麟)の適正キャラクター

ティナ:状態異常バリア、アーマーバリア持ち、感電付与、霊獣キリンは本体有効。

ブラッド:高火力要員、角獣キリンの場合は本体有効。

ファルファラ:高火力要員

ヴィヴィ弓:感電付与、:高火力要員

パルメ::角獣キリンの場合は氷柱壊し、高火力要員

花嫁ルウシェ:スキル1で暗闇付与、回復サポート、角獣キリンの場合は本体も有効。

カイト:幻獣特攻キャラ

茶熊マール:回復サポート、感電付与、角獣キリンの場合は本体も有効。

と適正キャラクターの具体例を紹介しましたがこの他にも代用できるキャラクターが多くいます。

まとめ

『白猫プロジェクト』でハンターハンターコラボから初登場したボス型モンスター、キリン種(麒麟)の攻略と倒し方、弱点、適正キャラクターについて紹介しました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ